【最新】消費者金融 超初心者ガイド

女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


プロミス


アイフル


SMBCモビット


消費者金融を利用する際の注意点

貸金業法が改正されたことで厳格な規制が行われている消費者金融、健全化されているので闇金とは違って安心です。ただ銀行系・信販・クレジット系と比べると高めの利息が発生することに、より計画的な利用が求められるのです。

借り入れの事実は消費者金融業者の加盟する信用情報機関にて一定期間記録されます。
もしも複数の業者を使って多額の融資を受けていた場合に、それがすべて知られることとなるのですから住宅ローン審査などを受ける際に不利になってしまうかもしれません。業者数と利用額は増やさないこと、多くなるほど返済が大変になるという意味でも辞めておくべきなのです。

一時的にのみ利用しただけ、給与が入ってきた時点ですぐに返すことが出来たなら問題ありません。しかしもしも返済が滞ってしまったら、契約継続中のみならず契約が終了した後も最大で5年間の間、最大で5年間信用情報機関にて延滞の事実が記録されます。
消費者金融を利用しただけでなく返済が滞った、そんな人物となると信頼はがた落ちです。新規の融資が受けにくくなり何かの際に身動きがとりづらくなるのです。
決して返済期限は過ぎないこと、元金だけでなく利息も含めて返せる当てがあって初めて利用を考えるようにしましょう。取り合えず目先の借金をどうにかしようと様々なところで借り続けていると、いつか身動きがとれなくなります。

また、消費者金融を利用しているつもりで中に混じっている闇金業者と関係を持ってしまうことも、そうなると更なる違法な金利が待ち受けています。