キャッシング 申込み 窓ロ

女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


プロミス


アイフル


SMBCモビット


消費者金融のご利用について

消費者金融機関からの借入が可能になるのは、アルバイトをする大学生から、セカンドライフ、老後を見据えたシニア世代までです。
以前は、専業主婦の借入は不可と言われていましたが、世帯主(夫)の所得証明書を提示することで、信用・信頼の証明になり、連帯保証人として位置づけることで借入が可能になっています。

テレビのコマーシャル、メディアに露出する消費者金融機関であれば、不安感なく申し込みもできるでしょう。
しかし、年代的にシニア世代の借入には困難となるケースもあります。
返済計画が要となるのですが、定年退職をした状況での借入は理由によって不可となる場合もあります。
「老後資金の準備がない」そうしたイメージを持たれてしまいやすく、そのために、返済負担率が高まり、滞納することにもなり兼ねません。
これが、子供の住宅ローンの工面であり、返済は子供が行うのであれば、融資が実行される可能性もあります。
しかし、連帯責任というカタチになるため、どちらにしても子供も本人も、個人信用調査を受けることになります。

最近の消費者金融のメリットは、保証人不要という点です。
しかし、保証人が不要になる代わりに、定職に就くことや勤続年数などが加味されます。
中には、勤め先に連絡を取り、実際に勤務しているのかを確認する業者もあるほど、信用・信頼で貸し付けをしているのが特徴になります。
もちろん、連絡する際は個人名を名乗るなどの配慮がされています。