消費者金融 申込み 窓ロ

女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


プロミス


アイフル


SMBCモビット


消費者金融の審査について

消費者金融での借入には、もう周知されていますが、「返済シミュレーションシステム」を利用します。
中には、返済プラン比較シミュレーションなどができるサイトもあります。
毎月返済額のゆとりを重視して、ある程度長めに借りておき、たくさん返せるメドがたったとき、返済額を上げることもできます。
借りる場合には、審査が待ち構えています。

ここでポイントになるのは、「年収負担率」です。消費者金融業者が、その人にいくらまで融資できるかを算出するときに使われる言葉です。
融資してくれるだけ借りたいのも消費者の声ですが、消費者金融業者からは、「無理なく返済できる金額」を融資する傾向にあります。
審査というだけに何を基準に融資を受けることができるのか、初めての借入の場合には信用・信頼です。
働かざる者食うべからず、というように、借りたら返すのが当たり前ですが、返すメドが立っているのかもポイントになります。

どこから返済をするのかといえば、給与からです。
そのため、固定給であるのが望ましく、強いていえば、パート・アルバイトよりも正社員である雇用形態によって審査されます。
中には、職業差別ではないにしても、公務員には審査もゆるく、派遣社員には厳しい内容というケースもあります。
貸すからには、返済をしてもらわなければ、破綻してしまい兼ねないのも事実ですから、融資を受けたいのなら、確実に定職に就いていることは絶対条件にあげられています。